multicultural SF

英語の名前

日本語や中国語の名前は、英語や他の言語を母語とする人には、難しいみたいだ。私の名前も、先生やクラスメートに何度も確認される。親しくなった人でも、名前は覚えてくれても微妙に発音が違ったりする。きっちり発音してほしい、という人もいるけれど、私の場合は、別に日本語が彼らの母語ではないので、きちんと発音されてなくても、大体あっていれば何も言わない。(時々、なんで?ていうくらい違う呼び方をされるときもあるが・・・)

台湾人や、香港人は英語名を持っている人が多い。話を聞くと、自分でつけたという人もいれば、英語の先生につけてもらった(つけられた?)人もいる。どちらにしろ、中学生かそれくらいの、英語を習ってすぐの時点で、英語名を持つようだ。だから、長い間その名前を使っている分、自分の英語名に違和感を持つということはないようだ。留学してからも使うので、アメリカ人(あるいは他の留学先の国の人)だけでなく、他の国から来た留学生も、名前を覚えてもらいやすい。

韓国人や日本人でも、たまにニックネームで英語名を使う人もいる。私の友達の韓国人は、漢字で言えば二文字の名前の部分のひとつだけをとって、彼女のニックネームにしている。日本人の場合、明らかに英語のスピーカーにとって難しい名前を持つ人が、ある意味仕方なく、使うことになってしまった、という人が時々いる。たとえば、「かおる」という名前の場合、"Kaoru"の二重母音(「ア」と「オ」の組み合わせ)が、どうしても発音しにくいらしい。なので、私の知っている「かおる」さんは、"Cal"というニックネームを使っていた。他にも、「つとむ」さんは"Tom"とか。「つ」の発音が難しいらしい。「ひでゆき」というのも、英語で読むと”ハイデユキ”と呼ばれてしまうのでニックネームを使っていたというのを聞いたことがある。

英語を勉強し始めたときから英語名を持つ人もいれば、半ば選択の余地なくニックネームを使うことになった人もいる。前は、英語名を持つのは、アメリカ人に合わせるようでいやだったけど、生活していると、英語名を持つことの便利さにちょっと惹かれたりもする。小さなことなんだけれど、(例えば、レストランで席を取るのに名前を呼ばれるときとか)せめてシンプルな名前ならな~と思ったりしたこともある。

留学生やアジア系の人たちが英語名を持つのに対し、アフリカン・アメリカンやラティーノの人たちの中には、彼らのルーツがわかるような名前を持つ人もいる。彼らの親たちが、そういう名前をつけたのだけれど。例えば、アフリカ系では「ラティーシャ」「クヮニーシャ」とかは女の子の名前、男の子の名前にも「ジャクヮン」とかいったアフリカの言葉にルーツを持つ名前がある。

名前というのは、ルーツを表したり、2つ持っていて使い分けたり、と、その人のアイデンティティそのものだな、と思う。アイデンティティ、でいうと、モン族の人は、まったくの他人でも、同じ苗字だと、親戚、つまり同じルーツを持っている、というらしい。「同じ家族だね」ということになるようだ。モン族の人の苗字は数が限られているので、一目でモン族だ、とわかる。ファーストネームもモン語は独特なのだけれど、そのうち、英語名をもったモン族の子供が出てくることだろう。

*モン族というのは、ベトナム・ラオスの山岳民族で、ベトナム戦争中、アメリカのCIAに雇われて傭兵になった人が多く、戦後難民となってアメリカにやってきて、カリフォルニアのフレズノやミネソタ、ウィスコンシンに多く住んでいます。アメリカのほかにもオーストラリアやフランス領ギアナに移民した人もいます。
[PR]
by hanasmilesf | 2005-02-27 15:51 | random thoughts

randam thoughts and journals from Kyoto~サンフランシスコから日本に戻ってきました~Coming full circle


by hanasmilesf

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

以前の記事

フォロー中のブログ

Multicultural?

サンフランシスコという多文化的な街で見たこと、感じたことをお伝えします。
重~い内容を書くことがありますが、お気軽にコメントしてください。

書いてる人
はな/ハナ/Hannah
(一応)社会人
人はいいけど頑固。
映画はまんべんなく見るけどSFはあまり見ない。
日本人だけど刺身が苦手。

+-*-*+
*コメント・トラックバックについて
(8/24/05)
非公開コメントを下さる方は、<鍵コメ>マークを見落としてしまう場合がありますので、その旨コメント欄でお伝えいただけるとありがたいです。
(1/31/07)
現在、半角英数字のみのコメントは受け付けておりません。コメントされる場合は全角でお願いいたします。
(2/27/10)
現在、トラックバックを承認制にしています。ブログ主が承認したTBのみ反映させます。ご了承ください。また、ウェブサイト等の宣伝目的のコメントは削除させていただく場合がございます。
(1/20/11)
スパムコメント防止のため、"http://"を禁止ワードに設定しています。URLを載せられる際は、"http://"を省いてお書きください。

*メールについて
(6/28/08)
メールでのご意見・ご感想・ご質問などは、コメント欄で「非公開コメント」でメールアドレスをお知らせいただければ、こちらからメールさせていただきます。お気軽にどうぞ!

*転載・転用・引用について
(12/03/08)
このブログ記事の本文・写真等の無断での転載・転用はしないでください。ただし、引用や参考文献等として使われたい場合はコメント欄にてお知らせください。

また、ブログ管理人(私)が引用している文献等の記載につきましては、必ず出典を書くようにしています。お気づきの点等がございましたらお知らせください。

------------
エキサイト以外のリンク
 
Bookend SF
asianimprovのアジア系アメリカ雑記帖
Small and Close Things

ライフログ

最新のトラックバック

右化進む「米最高裁が不法..
from ジェイニュース 海外の珍しい..
震災、そして復興へ(被..
from 丸光ブログ 被災地応援ファン..
介護福祉士の求人募集転職..
from 介護福祉士の求人募集転職採用..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧