multicultural SF

移民の歴史を探る

9月14日のサンフランシスコ・クロニコルでこんな記事を見つけました。
An effort to keep memories alive
ANGEL ISLAND: Future museum puts out the call for information about the West's second-largest immigrant group -- 60,000 Japanese

Angel Island(エンジェル・アイランド)というのをご存知でしょうか。ニューヨーク(東海岸)にはエリス・アイランドがあるように、サンフランシスコ(西海岸)にはエンジェル・アイランドがあり、両方とも移民を受け入れてきた「玄関」でした。

エンジェル・アイランドについての詳しい歴史はエンジェル・アイランド州立公園のページにあるここに詳しく書いてありますが、少し大雑把に言いますと・・・

1882年、アメリカ政府は中国移民を制限するために中国人排斥法を施行します。それ以後、中国人の移民排斥は第二次世界大戦後の1950年代まで続くのですが、エンジェル・アイランドはもともと得に中国からの移民を抑える(勾留・拘置)ための施設として1910年に作られました。

その後、日本人移民の増加に伴い、排斥の対象は日本人へと移っていきます。1908年、日米紳士協約により日本人移民は学生や移民の家族などを除き禁止されます。その後日本人移民排斥法(1924年)によって第2次世界大戦後まで完全に移民が禁止されるまでの間、日本から「写真花嫁」と呼ばれる女性が移民して来ました。エンジェル・アイランドはその女性たちを受け入れる(あるいは送還させる)役目をしたのです。

しかし、ニューヨークのエリス・アイランドとは違い、エンジェル・アイランドには記録がほとんど残っていないため、当時の資料を今、集めているというのが一番最初の新聞のニュースでした。記事の最後の方には、ある日本人の写真花嫁の話が出ていて、1910年、16歳で故郷の広島を離れアメリカにやってきた彼女はエンジェル・アイランドの医療検査で引っかかり、3週間も勾留された、とあります。

今、アメリカにいる日系人をたどると、一人一人にきっとこういう話があるんだろうなあ、と思うと、すごく感慨深いものがあります。アメリカにいる日系人は今4世、5世そして6世が生まれようとしている中で、移民当初の話を語り継ぐというのは、今の日系人の若者にとっても歴史にとっても大事なことだろうなと思います。
a0029254_1133064.jpg
写真はサンフランシスコ・クロニコルの記事より。
[PR]
by hanasmilesf | 2006-09-18 01:13 | multicultural topic

randam thoughts and journals from Kyoto~サンフランシスコから日本に戻ってきました~Coming full circle


by hanasmilesf

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

以前の記事

フォロー中のブログ

Multicultural?

サンフランシスコという多文化的な街で見たこと、感じたことをお伝えします。
重~い内容を書くことがありますが、お気軽にコメントしてください。

書いてる人
はな/ハナ/Hannah
(一応)社会人
人はいいけど頑固。
映画はまんべんなく見るけどSFはあまり見ない。
日本人だけど刺身が苦手。

+-*-*+
*コメント・トラックバックについて
(8/24/05)
非公開コメントを下さる方は、<鍵コメ>マークを見落としてしまう場合がありますので、その旨コメント欄でお伝えいただけるとありがたいです。
(1/31/07)
現在、半角英数字のみのコメントは受け付けておりません。コメントされる場合は全角でお願いいたします。
(2/27/10)
現在、トラックバックを承認制にしています。ブログ主が承認したTBのみ反映させます。ご了承ください。また、ウェブサイト等の宣伝目的のコメントは削除させていただく場合がございます。
(1/20/11)
スパムコメント防止のため、"http://"を禁止ワードに設定しています。URLを載せられる際は、"http://"を省いてお書きください。

*メールについて
(6/28/08)
メールでのご意見・ご感想・ご質問などは、コメント欄で「非公開コメント」でメールアドレスをお知らせいただければ、こちらからメールさせていただきます。お気軽にどうぞ!

*転載・転用・引用について
(12/03/08)
このブログ記事の本文・写真等の無断での転載・転用はしないでください。ただし、引用や参考文献等として使われたい場合はコメント欄にてお知らせください。

また、ブログ管理人(私)が引用している文献等の記載につきましては、必ず出典を書くようにしています。お気づきの点等がございましたらお知らせください。

------------
エキサイト以外のリンク
 
Bookend SF
asianimprovのアジア系アメリカ雑記帖
Small and Close Things

ライフログ

最新のトラックバック

右化進む「米最高裁が不法..
from ジェイニュース 海外の珍しい..
震災、そして復興へ(被..
from 丸光ブログ 被災地応援ファン..
介護福祉士の求人募集転職..
from 介護福祉士の求人募集転職採用..

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧